四季の予感

tanuchan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 03日

観閲式事前訓練・・・その2

昨日の中央観閲式の事前訓練では新明和工業が開発した海上自衛隊の救難飛行艇US-2も飛びました。
波高3メートルもの荒海に着水することが可能で過酷な状況での人命救助に活躍しています。
陸上自衛隊の連絡偵察機LR-2と併せて掲載します。

陸上自衛隊 連絡偵察機 LR-2
(1)
e0071967_15421623.jpg

(2)
e0071967_15421430.jpg

(3)
e0071967_15421217.jpg

(4)
e0071967_15421025.jpg


海上自衛隊 救難飛行艇 US-2
(5)
e0071967_154294.jpg

(6)
e0071967_1542729.jpg

(7)
e0071967_1542596.jpg

(8)
e0071967_1542244.jpg


Canon EOS 7D Mark II+Canon EF300mm F2.8L USM+Extender EF2xⅡ

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
ポチッと一押し、応援宜しくお願いいたします。
感謝(^^♪


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村



今日もありがとうございます。

by tanuki_oyaji | 2018-10-03 21:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://tanuchan.exblog.jp/tb/27578902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taranboc at 2018-10-03 21:59
tanuki_oyajiさん 今晩は。
海上自衛隊の救難飛行艇US-2は新明和工業が開発したものなのですか、
3メートルもの荒海に着水することができるとは、日本の技術もたいした
ものですね。陸上自衛隊の連絡偵察機LR-2も日本製なのでしょうか?
両機とも間近に見ることができて良かったですね。プロペラ機とはいえ
けっこう煩いのでしょうね。綺麗に撮られましたね。
Commented by shizenkaze at 2018-10-03 23:02
LR-2はこちらではあまり見かけません~
US-2に近いUS-1A救難飛行艇の9078号機(78)は各務原市のかかみがはら航空宇宙科学博物館の屋外展示で見られます~
新明和UF-XS実験飛行艇も国内では1機しかありませんが館内に展示されています~
航空ショーが11月18日にあるので今年も出掛けたいです・・・・・
今年もブルーインパルスの演技飛行があるみたいです~(*´∀`*)
Commented by tanuki_oyaji at 2018-10-04 07:45
taranbocさん、おはようございます〜♪
先に開発運用されていたUS-1Aの後継機として改良されましたが、
今後は救難飛行艇だけでなく消防飛行艇等としての活用が期待されています。
LR-2は残念ながらビーチクラフト社のスーパーキングエア350を改造したものです。
陸自はヘリコプターが主に運用されている中で唯一の固定翼機となっています。
Commented by tanuki_oyaji at 2018-10-04 07:51
shizenkazeさん、おはようございます〜♪
LR-2は観閲式のような時でないと見ることは出来ませんね。
航空宇宙科学博物館があるのですね、とても興味深い博物館ですね。
航空祭でのブルーインバルスは何処でも大人気です。
Commented by yuugesyou at 2018-10-04 08:52
tanuki_oyajiさん おはようございます。
中央観閲式の事前訓練でも十分見応えがありそうですね。
舳倉島航路や落石ネイチャークルーズの船は2mの波で
運航は取り止めると聞いていますが救難飛行艇は3mの
波でも着水できるなんて凄いですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2018-10-04 16:01
夕化粧さん、こんにちは〜♪
訓練日が何度か設定されていますが予想したよりも飛んでくれました。
救難飛行艇はずいぶん前のことになりますが、
救命ボートで漂流していた辛坊治郎さんを着水救出した事例があります。
この時の波高が3〜4メートルだったそうです。
Commented by ten-zaru at 2018-10-04 19:29
tanuki_oyajiさん、今晩は。
波の高い海上に着水できるとは凄い飛行艇ですね。
災害の多い日本ですから、装備や機材も充実しないと。
アショアはいらないけど、この様な装備は必要ですよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 観閲式事前訓練・・・その3      観閲式事前訓練・・・その1 >>