四季の予感

tanuchan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 09月 03日

松島基地航空祭・・・その4 F-16(ファイティング・ファルコン)

三沢基地を拠点としているアメリカ空軍の太平洋航空団
F-16デモンストレーションチームのデモフライトが披露されました。
超低空プリモさんによる音が後から着いて来るほどの機動飛行は迫力を通り越し、
もはや狂気染みているほどの驚きと感動的な20分間でした。
まずはウォークダウンから飛行まで・・・

画像クリックで拡大してご覧いただけます✴️

(1)
松島基地航空祭・・・その4 F-16(ファイティング・ファルコン)_e0071967_1453217.jpg

(2)
松島基地航空祭・・・その4 F-16(ファイティング・ファルコン)_e0071967_14532050.jpg

(3)
松島基地航空祭・・・その4 F-16(ファイティング・ファルコン)_e0071967_14531774.jpg

(4)
松島基地航空祭・・・その4 F-16(ファイティング・ファルコン)_e0071967_14531528.jpg

(5)
松島基地航空祭・・・その4 F-16(ファイティング・ファルコン)_e0071967_1453156.jpg

(6)
松島基地航空祭・・・その4 F-16(ファイティング・ファルコン)_e0071967_14531372.jpg


Canon EOS 7D Mark II+Canon EF 100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
ポチッと一押し、応援宜しくお願いいたします。
感謝(^^♪


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村



今日もありがとうございます。

by tanuki_oyaji | 2019-09-03 21:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://tanuchan.exblog.jp/tb/28554343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taranboc at 2019-09-03 21:28
tanuki_oyajiさん 今晩は。
そうですか。ヘルメットを取った顔が日本人ではないなと思ったら、やはりアメリカ空軍のチームでしたか。
F-16のデモフライトを見ることができて良かったですね。
音が後から着いて来るような超低空飛行は言葉で言い表せないほどのもの凄い迫力なのでしょうね。
tanuki_oyajiさんの驚きと感動が伝わってきます。下で整列しているメンバーも緊張している様子ですね。

Commented by shizenkaze at 2019-09-03 22:55
F-16はまだ見た事がないです・・・・・
国産機のF-2に何となく似ていますね~
今はF-35の事が注目されていますが本当に必要があるのでしょうかね?
Commented by tanuki_oyaji at 2019-09-04 07:17
taranbocさん、おはようございます〜♪
三沢基地を拠点に日本国内の航空祭や海外で飛行展示をしています。
最高速度はマッハ2まで出るそうですが爆音が後から聞こえて来るようでした。
もの凄いスピードと低空飛行は半端じゃなかったです。
Commented by tanuki_oyaji at 2019-09-04 07:19
shizenkazeさん、おはようございます〜♪
私も始めて見ましたが見かけは染みですが性能は凄そうですね。
あまりの迫力に圧倒されました。
Commented by yuugesyou at 2019-09-04 11:23
tanuki_oyajiさん こんにちは!
松島基地航空祭に三沢基地からF16がデモにやって来たのですね。
ブルーエンジェルのアクロバット飛行は航空ショーの花ですが
普段は見られないような最新の戦闘機のデモフライトが見られて好かったですね。
音が後からついて来るなんて 物凄い迫力なのでしょうね。

冬になると地元で見られるチュウヒも夏は北海道で好く見かけますね。
かなり遠かったとのことですが 青空を飛ぶチュウヒを綺麗に写されましたね。
Commented by tanuki_oyaji at 2019-09-04 16:57
夕化粧さん、こんにちは〜♪
米軍のデモチームのフライトを初めて見たのですが、
アメリカのアクロバット飛行はケタ違いの迫力がありますね。

原生花園で初めてチュウヒを見たのですが、
気が付いてからレンズを向けるまでの反応が遅過ぎました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 松島基地航空祭・・・その5 F...      北海道・道東の旅(52)・・・... >>